花粉症には目の痒み、くしゃみ、鼻水、肌荒れ・・・など様々あり困っている人は沢山いるかと思います。

しかし症状毎に何科の病院に行けば良いのかわかっている人は少ないかと思います。

 

今回は花粉症の症状別に何科を受診すれば良いのかをご紹介します。

 

鼻の症状:くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、鼻のかゆみ

鼻の症状:くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、鼻のかゆみの人は耳鼻科で受診しましょう。

問診は以下の項目についてされると予想できます。

  • いつから症状が出たのか
  • くしゃみの回数は1日にどれくらいなのか
  • 鼻水をティッシュでかめるか(鼻水がサラサラかベトベトか)

 

また以下の処置が施されると予想できます。

  • 鼻吸引(鼻水を吸引器で吸い取ってくれます)
  • 鼻洗浄(アルコール等を吹付け、洗浄してくれます)
  • スチーム吸入器の使用

 

 

目の症状:目の痒み(かゆみ)、涙が出る、目が充血する、まぶたが腫れる

目の症状:目の痒み(かゆみ)、涙が出る、目が充血する、まぶたが腫れるの人は眼科で受診しましょう。

問診は以下の項目についてされると予想できます。

  • 目がかゆい時はどのように対処しているか
  • 目薬が怖くないか?(目薬を正しくさせるか)

 

眼科については症状次第で具体的な処置はなく、目薬の使用を促されるかと思います。

 

 

喉の症状:喉が痛い、咳(せき)が出る

喉の症状:喉が痛い、咳(せき)が出るの人は耳鼻咽喉科で受診しましょう。

問診は以下の項目についてされると予想できます。

  • 喉の痛みによる呼吸困難ではないか
  • 喘息を患わったことがないか
  • 声が枯れていないか

 

また以下の処置が施されると予想できます。

  • ネブライザーの使用
  •  鼻と喉に薬を塗布する

 

まとめ

花粉症は症状が出始める前にどれだけ対策できるかが肝であります。

一般的に薬は症状が出る2週間前から飲むべきと言われておりますので、

花粉飛散3週間前には通院しておきましょう。

 

また花粉の飛散時期に関しましてはこちらへどうぞ!

URL:【地域別】花粉の飛散時期一覧