グーグーグー・・・。

自分では気づくことが多くはなくても、同居人に多大な迷惑をかけるいびき。

自分ではいびきをかこうと思っていなくても、睡眠時にはそんなことはおかまいなし。

 

睡眠時間の確保というのは非常に大切なもので、健康的な生活を送るには欠かせないものです。

またあまりにもヒドイいびきというのは離婚事由にもなってしまいます。

 

今回は花粉症シーズン中にかくいびきの原因と対策についてご紹介します。

いびきをかく理由

まずは皆さんいびきをかいてしまう理由をご存知でしょうか?

 

一般的にいびきは脂肪や筋肉などにより空気の通り道である気道が狭くなり
その気道に呼吸時の空気が流れ込み粘膜が振動することによって発生します。

 

ですので

 

・太っている人

・鼻がつまっている人

・扁桃腺が大きい人

・アルコールをよく飲む人(アルコールは筋肉を緩めます。)

 

が一般的にいびきをかきやすい人と言われています。

 

ここで感の良い人であれば何故花粉症時にいびきをかきやすいかわかるでしょう。

そうです、鼻水によって気道が狭くなるのが花粉症時にいびきをかいてしまう原因だったのです。

 

夜中にいびきがうるさい!と同居人から怒られた方は思い出してみてください。

 

・それは花粉症シーズンではなかったでしょうか?

・鼻水がずるずると辛い時期ではなかったですか?

・鼻にティッシュを詰めながら寝ませんでしたか?(笑)

 

原因さえ分かってしまえば対策を取るのはそう難しいことではありません。

次の項では花粉症が原因のいびき対策をご紹介します。

 

 

花粉症が原因のいびき対策!

そもそもが鼻づまりが原因でいびきをかいてしまっているので、鼻づまりを解消すれば良いだけです。

そしてそれには一時期話題になったブリーズライトがおすすめです!

 

花粉症の人は使ってみたことがあるのではないでしょうか?

投薬せずにテープを貼るだけですので本当に簡単です!

また効果も素晴らしいもので、貼って速攻で鼻腔が広がるのを感じれます(笑)

また根本的に花粉症自体を治すという方も考えられます。

それには以前記事で紹介しました舌下免疫療法がおすすめです!

 

花粉症は百害あれど一理なしです。
様々な2次被害を発生させますのでこれを機に本気で症状改善を考えてみてはいかがでしょうか。