花粉症のシーズンになると絶対に手放せなくなる目薬。

花粉症でなくても目の乾燥や痒みはPM2.5や黄砂によっても引き起こされます。

 

今回はその目薬の正しい差し方嫌がる子供に目薬を差すコツをご紹介します。

 

正しい目薬の差し方!

1.目薬に触る前に手を清潔にしましょう。

目薬を差すために目のまわりや目薬のボトルを直接手で触ることになります。
目は細菌やウイルスに弱いので、必ず最初に手を清潔にしましょう。

 

2.綺麗になった手で瞼(まぶた)を広げ、上を向きましょう。

目薬がきちんと目の粘膜に接触するよう、瞼(まぶた)を広げ上を向きましょう。
目薬のボトル先端が瞼(まぶた)やまつ毛に触れ、ボトル先端が汚れるのを防ぐこともできます。

 

3.指定の分量の目薬を差し、約1分ほど目を閉じます。

指定の分量の目薬をさしましょう。大抵は1滴で良いと言われていますが、商品によって分量は変わるかと思いますので必ず確認しましょう。
そして大切なのは目を閉じること。目をパチパチしてしまうと目薬が目から溢れ出し、十分な効果を見込めなくなってしまいます。

 

嫌がる子供に目薬を差すコツ

1.目をつぶったまま目薬を差す。

どうしても子供は目薬を怖がります。そこで目をつぶらせたまま目頭に1滴垂らしてあげましょう。
後は子供に1度目をあけさせるか、あけてあげるかのどちらかです。
そうすれば自動的に目の中に点滴が入っていきます。

ここで注意するのはお風呂で清潔にした後に目薬をさすことです。

 

2.寝ている状態で点滴を差す。

もし本当にどうしても子供が怖がってしまう場合は寝ている状態で差してあげましょう。
あっかんべー状態にし、そのまま目薬を差します。
溢れ出た目薬はティッシュ等で拭いてあげましょう。