近年巷で話題になっていた花粉症対策のヨーグルト。

 

その話題性は恐ろしく、スーパーでは在庫買い占めが行われているほどでした。

 

しかし何故ヨーグルトなのか、どれくらいの量を食べればよいのか。
またどの種類のヨーグルトが花粉症対策に効果があるのか・・・。

 

皆さんはこれらのことを理解してヨーグルトを摂っているでしょうか?

 

本記事ではどういった理由で花粉症対策にヨーグルトが効くのか、
どれくらいの量を食べれば良いのか、
またどの種類のヨーグルトが花粉症対策にバッチリなのかに焦点を当て解説していきます。

ヨーグルトが花粉症に効く理由とは

ヨーグルトが花粉症に効く理由はズバリ、整腸作用による体質改善が見込めるからです!

 

皆さんご存知の通り、ヨーグルトに含まれているビフィズス菌や乳酸菌には整腸効果があります。

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌によって整腸されると免疫力が高まり、花粉症の原因となるIge抗体の生成を抑えることができます。

 

また免疫力が高まる=Iga抗体の生成を促すことであります。
このIga抗体は身体の粘膜から異物(アレルゲン等)が侵入しないよう、バリアのような役目を果たします。

 

つまりヨーグルトの整腸効果によって花粉の侵入を防ぎ(Iga抗体↑)、花粉が侵入しても身体が過剰防衛(Ige抗体↓)しないようにすることができるのです。

花粉症対策のヨーグルトはどれくらいの量を食べればよいのか

花粉症対策としてヨーグルトが効果的なのはわかりました。

ではどのくらいのヨーグルトを食べれば良いのでしょうか。

 

答えは1日約200gを毎日食べましょう!

 

ビフィズス菌や乳酸菌は腸に届いて初めて効果を発揮します。
しかし乳酸菌は非常に弱く、多くが腸に届くまでに死んでしまいます。

 

乳酸菌を確実に腸まで届け、尚且つ現実的に食べれる量が1日約200gです!

花粉症対策にはどのヨーグルトが良いのか

では花粉症対策として最適なヨーグルトはどれなんでしょうか。

個人差は様々ですが、いくつかのおすすめヨーグルトを紹介します。

明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプ

明治ヨーグルトR-1 ドリンクタイプはヨーグルトでありながら飲料です。
「少食なので多くは食べれない・・・。」といった人にはこちらのヨーグルトがおすすめですね!

余談ではありますがこちらのヨーグルト、テレビ等のメディアで紹介されて爆発的に売れています。
当時スーパーで品出し店員のアルバイトをしていた私ですが、
「R-1ヨーグルトはないのか?」
「在庫を全部クレ」
等々をよく言われました。

また品出し後に取り合いの喧嘩も目撃しました。(^_^;)

明治 プロビオヨーグルト LG21

LG21ヨーグルトも爆発的に売れているヨーグルトの1つです。
明治から「花粉症に効果がある!」という公式発表はありませんが、
クチコミによって今も花粉症対策に食している人が多いです。

脂肪ゼロのものも販売されていますのでダイエットにもおすすめですね!

新しい乳酸菌のすすめ【ベビー乳酸菌】




「食べるのも飲むのもツラい!」という方はこちらのベビー乳酸菌
がおすすめ。
1日に2錠飲むだけ!

さらにアレルギー物質不使用なので乳アレルギーの方でも安心して乳酸菌を摂取できます!

花粉症対策のヨーグルトは継続的に摂取しないといけません。
自分にあった方法で楽に続けていきましょう。